紳士靴の底の修理例

修理例の修理価格は目安です。状態により、お安くなったり、少しお高くなる場合がありますが、お見積もりの時にご提示した修理価格は変わりませんので、まずは、お気軽にご相談くださいますようお願い申し上げます。

紳士靴のヒール・トップリフト修理

紳士革靴のトップリフトも消耗が激しい部分ですがヒール部分まで減りが進むとヒール補修をしてリフトを貼替えます。靴磨きをして仕上げました。こちらで、2000円から~

紳士靴のハーフソールとヒール修理

合成ゴム素材の底が方ヘリしていますので、減った部分に同質素材の材料を貼り削り厚みを調整して、合成ゴムのハーフソールとリフトを貼替えました。こちらで、4500円でした。

トゥ・スティール

革底のレザーソールは、つま先がすり減りやすいですが、

トゥスティール加工をすると、耐久性がぐんと、あがります!

3500円より

 

紳士靴の冬の滑り止めソール

北海道の冬の路面は滑りやすいので、様々な滑り止めソールがあります。素材、デザイン、色、セラミック粒子配合や、くるみの殻入り、スパイク付きソール等、お客様とご相談の上、決めさせていただいています。

紳士靴のオールソール交換

上の写真は上段がレザーオールソールをしてハーフソールを貼り仕上げました、18000円。

下段が元々ウレタン素材の底が劣化してボロボロになり、本革レザー7mmでオールソールしました。

いずれもマッケイハンドソーン(手縫い)です。

こちらは、グッドイヤ-、レザーオールソールアンティーク調仕上げ。こちらもハンドソーン(手縫い)仕上げです。

ダイナイトソール・リッジウェイソール等

ダイナイトソールに、リッジウェイソール下はビブラム#100ファイヤー&アイス

こちらは、レザーハーフソールのみを交換して、ハンドソーンで縫いつけ、合成ゴムハーフソールを貼り仕上げました。オールソールより安価で日常的に履いていただくのに良いかとおもいます。

リフト交換とセットで10000円からです。

こちらは、マッケイ製法のブーツを冬も履ける底にとのご希望で、ミッドソールをマッケイ縫いしてダイナイトソールでオールソール交換しました。

修理申込メールはこちら

ateliercraft1@gmail.com

ateliercraft1tk@ezweb.ne.jp

写真を添付していただくと

見積もりしやすいです。

 

お電話の問い合わせ、申込は

 

011-788-2927

 

 

 

札幌市 靴修理・バック修理

  職人の手仕事

靴磨き・ハイシャイン仕上げ
靴磨き・ハイシャイン仕上げ
底付けの縫いは主に職人の手による    ハンドソーンです
底付けの縫いは主に職人の手による    ハンドソーンです
婦人靴ベージュピラソール
婦人靴ベージュピラソール
ビブラムオールソール各種
ビブラムオールソール各種
レッドウイング・ビブラム2021   レザーミッドソールにカスタム
レッドウイング・ビブラム2021   レザーミッドソールにカスタム
ヴィトン・エピセカンド内装交換完成
ヴィトン・エピセカンド内装交換完成
鞄の持ち手作製8000円より
鞄の持ち手作製8000円より