連日の猛暑!

夏バテです・・・

7月に入って、2週目辺りから、連日、暑い日が続いている札幌。

クーラー全開ですが、電熱器や仕上げのベルトサンダー等、電気製品重ねて使用すると

ブレーカーが落ちるので、クーラーを切って作業しますが、あっ!という間に、汗だくです・・・・

こちらは、かなりいい感じにやれている、犬タグのレッドウィング ペコスブーツ

定番のビブラム#4014にオールソール貼り換えですが、アウトソールを剥がして見たらミッドソールも、かなり傷んでいたので、ミッドソールも交換、中のコルクも交換(写真撮り忘れ)

サドルソープでしっかり洗って、レザーケア、しっかり磨き上げました。

(当初の見積もりより、大サービスになっちゃいました・・・)

こちらは、REGAL(リーガル)の、グッドイヤー製法のストレートチップ

レザーのソールはどうしても、つま先が減りやすいですので、

ビブラム#7373、1ミリラバーハーフソール貼とトゥスティールを取り付けました。

普段ガンガン履くにはしっかりと底を保護で良いと思います。

ワックスで磨いて仕上げました(基本、底の修理の場合は靴磨きはサービスさせていただいています。)

暑い日が続きますが、こちらは、冬用の滑り止め加工

REGAL(リーガル)のサイドゴアブーツ

一般的には、合成ゴム素材の底は表面をやすり落としてから、ハーフソールを貼りますが、

出し縫いの糸を切ってしまいます。すぐに、底が剥がれることは少ないですが、貼ったハーフソールを

次に、貼り替える時に、剥がれてしまうことが

多くなりますので、出し縫いを縫い直して、MO滑り止めハーフソールを貼りました。

つま先に細かな傷があったので、濃いめのダークブラウンのワックスで磨き仕上げました。

 

こちら、左がビブラム#2025ハーフラバーソール、厚さ3.5ミリ

右が一番多く出番のある、ビブラム#2027で厚さ2ミリ

底の減り具合を判断してチョイスしますが、あまり減りすぎていると、オールソール等になりますが・・・

こちらは、サイド側にがっつり擦り傷が!お客様はカラーリングで、と来られましたが、

私は、靴のカラーリング補修、アクリル顔料やウレタン顔料を使うのは最後の手段、と思います。

要は塗料を塗って仕上げるので、きれいにはなりますが・・・

基本、靴は革の状態によりますが、キチンと洗って、レザーケアと靴クリーム、ワックス磨きが

ベターと思います。お客様のご要望をお聞きして提案させていただきますので、ご相談願います。

 

 

今まで、スクエアのカード決済はJCB等対応していませんでしたが、JCB・Diners Club・Discoverの決済も可能になりました!

修理申込メールはこちら

ateliercraft1@gmail.com

ateliercraft1tk@ezweb.ne.jp

写真を添付していただくと

見積もりしやすいです。

 

お電話の問い合わせ、申込は

 

011-788-2927

 

 

 

札幌市 靴修理・バック修理

  職人の手仕事

靴磨き・ハイシャイン仕上げ
靴磨き・ハイシャイン仕上げ
底付けの縫いは主に職人の手による    ハンドソーンです
底付けの縫いは主に職人の手による    ハンドソーンです
婦人靴ベージュピラソール
婦人靴ベージュピラソール
ビブラムオールソール各種
ビブラムオールソール各種
レッドウイング・ビブラム2021   レザーミッドソールにカスタム
レッドウイング・ビブラム2021   レザーミッドソールにカスタム
ヴィトン・エピセカンド内装交換完成
ヴィトン・エピセカンド内装交換完成
鞄の持ち手作製8000円より
鞄の持ち手作製8000円より